スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

多色刷りとか

昔タカハシマコさんの作っていた本は印刷オプションが凄くて
こんな使い方もあるんだーとかこんな事したらいくら位になるんだろうとか
感心して見ていたものでした

料金もそこまででもなく比較的簡単に印刷の可能性が広がるのは2色もしくは3色印刷を使った
多色刷りと言われるものでした
私の友人にこの多色刷りが矢鱈とセンスのある使い方の出来る人がおりまして
インクの重なった部分から新しい色ができたり、大胆な色合わせでいつも凄いものを見せてくれました

最近は多色刷りを使うよりもカラーのセット料金の方が安くなっているものも多く
こういう方面にはとんと頭を使わなくなりました
ですがここ最近カラーのセット内のオプションを使う機会がありまして
久しぶりにこの多色刷りの考え方とかを思い出しました
そして久しぶりに印刷所のパンフの取り寄せをしました

「多色刷りを主とした面白い所」と絞り込んで見つけた「レトロ印刷JAM」
kako-fISfPZ7pI71COw85.jpg
フライヤーとか作る分には面白そうな所です
使うかどうか分からないけれど
プリントゴッコ感が漂っていてなんとも可愛い
使うかどうかは分からないけれど
関連記事

Comment - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。