レシピの部類の置くのもなんなのだけれど

イベント準備中微妙に暑い日があったり
肉体疲労がいい感じに出てきたりすると
甘いモノが欲しくなるものです

アイスとかあると嬉しいなとか思い冷蔵庫を開けたりもするのですが
そう都合よくアイスなんぞあるはずもなく
地味に使いかけの残っていた酒粕が一袋見つかりました
これで焼き菓子の一つも作ってみるのも面白いのですが
今回欲していたものがなんかゆるいものだったので
甘酒なんかを作ってみることにしました

作り方は実に簡単
酒粕と水と砂糖です
鍋に酒粕と水を入れて火にかけてとろかし
最後に砂糖を好みの甘さになるまで加えるだけ。

折角なので適当な容器に入れて冷蔵庫で冷やします
これでアイス替わりに地味に身体に染み入る暑い時期のおやつが完成です
kako-HNgEW5Zxo3esatfT.jpg
注意点としましては
冷やし甘酒の場合若干甘く作っておくといいと思います
冷やすとなんだか甘さが足りなく感じるものですからね

それから私子供の頃この甘酒の下に沈殿するぶつぶつが苦手でした
大人になってその辺は全然気にしなくなったのですが
友人と話した際にこのぶつぶつが苦手で子供の頃飲めなかったという話を聞きました

味が嫌いでないのなら濾してみるというのも有りですよ
ザルか何かでざーっとね
ぶつぶつが大きいのでわざわざ濾し器じゃなくても大丈夫だと思います

…濾したものに葛を混ぜて火にかけて甘酒葛湯とかも美味しそうですね
今度作ってみようかな

甘酒はここに書いたように酒粕で作るものと麹で作るものとがありますが
麹で作るものは地味に手間がかかるので
すぐに飲みたいとかであれば今回のように酒粕で作るのがいいんじゃないでしょうか?


…特に予定もないから今日は甘酒飲んでダラダラ過ごすよとかの人には
飲む時に日本酒を適量加えてもっと酒感を出してみるのもいいもんです
…時々やってます、冷で飲むのがキます。
関連記事

Comment 0

WHAT'S NEW?