コミッションというもの

海外のケモノ作品サイトに登録して
ほほう!と思ったのが「コミッション」というものの存在でした
「お金払うから絵描いてよー!」ってやつです
結構みんなやってるらしく、よく料金表を提示してるのを見かけます
料金の方は企業依頼の政策なんかに比べるとベラボーに安めなのですが
まぁそれでも…マイピク申請時に「友だちになったんんだから私に絵を描いてください、シュチュエーションはこんな感じで…」とか「突然すいません貴方の絵が大好きなので私とイラ交してください!このキャラでこんな絡みがいいナ☆」とか言われることに比べれば天国のような待遇だと思います
(なにやら古傷が疼いたようだ。)

英語も苦手ですし自分とは関係無いだろうと思ういながら過ごしていた所
料金提示もしていないのに依頼のメッセージが来ました
夏コミ用の原稿が終わってからでもかまわないか確認を取り
それでもいいという返事だったので
ものは試しに受けてみることにしました

zipiさんという方のキャラクターです
genkou
はじめは性器と乳首の色がピンクの肉色だったのですが
genkou
「そこはシアンブルーで頼む!」とのことでそこだけ塗り直しました

翻訳ソフトに頼りながら何度も質問して
やってみた初コミッションでした
関連記事

Comment 0

WHAT'S NEW?