ローズオニールキューピー展に行ってきた

美術館の企画で「ローズオニールキューピー展」が夏の間やっていたので
行ってきました
久しぶりの美術館、小高い山の上に建っていて
緑の芝も綺麗。
なんだかそれだけで楽しくなってしまいます

割と朝一番くらいに行ってきました

キューピーのアイスクリーム広告やら
人形、金型、布や絵本…
どれもこれも凄く可愛い!
もちろんローズオニールの原画も展示してありました
凄く細かいにペン画で
こんな所まで印刷に出るのか?と思えるようなものでした

個人的には日本の古いキューピーグッズがなんとも味があってお気に入りです
いびつで色もちょっときついし、ちょっと怖いところもあるのですけれど
そこがいい!


ミュージアムグッズまでどれもこれも可愛らしく目移りします
…本当は期待していなかったんですよ
グッズは可愛いばっかりでデザイン的にどうなんだろう?みたいなものばかりなんだろうなー…なんて
思っていたので
…ところがこれが欲しいものが多くて困ってしまうくらいで
ひとまずポストカードだけ購入
…キューピーのお弁当用カバンもシンプルでちょっと欲しかったなー…

次の企画展もなんだかよさげー
ここの企画はなんでこうも心ひかれるものが多いのだろう
以前やっていた「バウハウス・デッサウ展」もなかなかいい感じ
作品のラインナップもそうだったけれど
思い切ったポスター広告の紙の選択とデザインに
コレは行かなければという気持ちにさせられたものでした

今回は時間的に常設展にも入れたので
マルセル・ラヨス・ブロイヤーの「ラウンジチェアB3ワリシー」
の複製?に座ってきたよ
おしりの部分が妙に下になるから一度座ると立ちたくなくなるのが
難点。
関連記事

Comment 0

WHAT'S NEW?